忌中引きと挨拶例文

お金と生活 -Money&Life-

忌中引きと挨拶例文

忌中と言えば、仏教では49日目、神道では50日目以内のことを指しますが、その間にお通夜式や葬儀、告別式など、様々な行事が行われています。
それら3つの式はとても有名ですが、その中に「忌中引き」というものがあります。
あまり馴染みがない行事のように思えますが、実際にはどのようなことを行うのでしょうか?
この忌中引きについて紹介します。

忌中引きとは

忌中引きとは

故人が亡くなった後には様々な行事を行いますが、その一つが「忌中引き」です。
忌中引きというのは、お葬式や告別式が終了し、火葬場から戻った時に行う初七日や三十五日、四十九日までの繰り上げ法要と還骨法要のことを言います。
法要が終わった後に忌中引き料理、いわゆる精進落しの振る舞いを行うことで、一連の儀式は一度終了することになります。
元々は、火葬が終わった後に初七日や三十五日、四十九日と一連の法要を行うのが一般的ですが、それら一連の行事を繰り上げて法要することから、自宅や斎場に戻った後に入口で身を清めてから再度行います。
忌中引きそのものは、宗旨や宗派などによって異なりますので、自身が住んでいる地域について確認しておくことをおすすめします。
「忌中引き」と言われている、「繰り上げ法要」と「還骨法要」の儀式の内容について知っておきましょう。

忌中引きの儀式「出棺から儀式の前」

出棺の見送りが終わった後、還骨勤行(骨あげ法要)という行事を行うため、菩提寺の僧侶から読経してもらいます。
その際には自宅に飾っていた祭壇が取り替えられますが、現在はお葬式を依頼した葬儀会場のスタッフが全ての作業をするのが一般的です。
そして自宅や斎場に残った人たちは、玄関や入口付近に水と塩を準備して故人の遺骨を迎えるための準備を行いますが、喪主や遺族は香典や会計などの精算を済ませておきましょう。
火葬場から戻ってきた人たちは、事前に準備した水を柄杓で両手に掛け、さらに塩を胸や背中に軽く振りかけて身を清め、最後に戻ってきた方向に塩を撒きます。
ちなみにこの一連の行事は、浄土真宗では行っていません。

忌中引きの儀式「一連の儀式」

自宅で故人の遺骨を迎えたら、事前に後飾りをした祭壇に遺骨を安置して、線香やろうそくなどを灯します。
その後は菩提寺の僧侶を招待し、初めの読経でもある「還骨勤行」を行うことになります。
還骨勤行が終わったら、引き続き初七日法要と三十五日法要、四十九日法要を合わせた繰り上げ法要を行うのです。
遺族や親戚が一緒に参列して、僧侶の読経とお焼香が実施されます。

忌中引きの儀式「忌中払い(精進料理)」

上記で紹介した2つの行事が忌中引きの儀式になりますが、一連の儀式が終わった後にこれまでにお世話になった親戚や菩提寺の僧侶、さらに故人が生前にお世話になった友人や知人などを招待し、それまでの労を労って行う忌中払い、いわゆる精進落しを行います。
精進落としの儀式に僧侶が出席する際には、会場に用意された最上席に案内します。
また僧侶が都合で辞退される場合には、還骨勤行や繰越法要の行事が終わった後に御膳料やお車料を渡すことになります。

タイミングを見計らって渡すようにしましょう。
精進落としの儀式では、参列者一同が着席した後に喪主が挨拶し、依頼した方の献杯の発声後、故人の思い出などを偲びながら会食を行います。
最近では特に席を設けることなく、一連の行事が終わった後に土産物や折詰膳などの引き出物が出席者に渡されるケースも増えています。
なお忌中引きについては、香典とは別個に「志」を包むこともあるようですが、それらは地域や慣習などによって異なりますので、気になる方は葬儀会社のスタッフや近親者に相談しておくと安心だと思います。

忌中引きの挨拶例文

忌中引きの挨拶例文

忌中引きでは繰り上げ法要と還骨法要を行いますが、その際に喪主や遺族は参列していただいた人たちに挨拶を行います。
挨拶の内容は様々ですが、分からない方は以下の挨拶文例を参考にするといいでしょう。

忌中引きの挨拶文例

①「本日はご多忙のところ、父○○○○のためにご参列くださいまして、誠にありがとうございました。
ささやかではございますが、粗食を準備致しましたので、どうぞおくつろぎくださいますようお願い致します。
本日は誠にありがとうございました。」

②「ひとことご挨拶申し上げたいと思います。
先程、遺骨も無事帰り、初七日法要も済ませていただきましたが、ここ数日来、皆様には大変お世話になりました。
遺族と致しまして厚く御礼を申し上げさせて頂きます。
また、ささやかではございますが、心ばかりのお食事をご用意させていただきました。
故人の思い出話などを語らいながら、ごゆっくりとおくつろぎいただければと思います。」

精進落としの行事は、遺族や親族に対する慰労の膳でもありますので、喪主や遺族が行う挨拶については、できるだけ短く済ませるようにしましょう。
また会食の席ではお酒などの酌をしながら、個人毎に丁寧に挨拶するのが理想です。
菩提寺の僧侶を上座に案内し、喪主は下座に回ります。
挨拶の文例はネットでも見つかりますので、いくつか参考にすると良いでしょう。

挨拶での注意点

忌中引きで喪主や遺族が挨拶する際には、いくつか気をつける点があります。
その一つが言葉であり、法要では使ってはいけない言葉がありますので確認しておきましょう。
忌中引きで挨拶をする際には、忌み言葉に注意しましょう。
忌み言葉というのは使ってはいけない言葉であり、この言葉を実際に使うと失礼にあたります。
どのような言葉を使うと失礼にあたるかですが、具体的には以下のものを挙げることができます。
「いよいよ」、「たびたび」、「またまた」、「ますます」、「再び」、「再三再四」、「再度」、「繰り返す」、「返す返す」、「重ね重ね」、「重ねて」、「重々」、「引き続き」、「続いて」、「次々」などです。
その他にも生存中や急死、死亡も避けるべき言葉であり、生存中は「ご生前」に急死は「突然のこと」に、そして死亡は「逝去」に言いかえましょう。

法要で喪主になる人は、そのほとんどが未経験の状態で務めることが多いのが通常ですので、挨拶をする際に上手く話そうと思っても、なかなか本人が思う通りにはいかないことが多いと思います。
それは仕方ありませんので、そのためにも最低限使用してはいけない言葉を抑えておくことをおすすめします。
そうすれば参列していただいた人たちに、失礼を与えることもありません。
後は自分自身の言葉を使用して、マイペースで行えば良いでしょう。
その際には、これまでの家族の思い出や故人のエピソード、さらに感謝の気持ちをなど込めてしっかり伝えれば、素敵な挨拶になると思います。
忌中引きで喪主が行う挨拶のタイミングですが、時期については葬儀会社のスタッフがその都度お知らせしてくれますので、特に心配する必要はありません。
挨拶の内容についても、分からない点や不明なことなどをアドバイスしてもらえますので、気軽な気持ちで担当スタッフに相談してみましょう。
また事前に練習しておくのもいいと思います。

忌中引きというのは、火葬場から戻ってから行う初七日や四十九日までの繰り上げ法要と還骨法要のことを言います。
その際には喪主や遺族が挨拶を行うのが一般的ですが、挨拶例文などもありますので参考にするといいでしょう。
不安な場合は、葬儀会社のスタッフなどに相談すると教えてもらえるはずです。

サイトカテゴリー

お金について
貯蓄について
仕事とお金について
結婚とお金について
家と車とお金について
保険とお金について
会社とお金について
老後とお金について
葬儀とお金について