お金の正体『そもそもお金とは?』

お金と生活 -Money&Life-

お金の正体『そもそもお金とは?』

みなさんが毎日当たり前のように使っているお金。
単なる紙切れだったり、丸いだけの塊なのに、どうして価値があるのでしょう。

ここでは、そんなお金の正体についてじっくり考察していきたいと思います。

お金に疑問を想った方、お金のことをもっと知りたいと思った方は是非読んで下さい。

お金って何!?

お金の正体

お金って何

そもそもお金って何なのでしょうか。
なぜ、お金はお金として、老若男女みんなに通用するのでしょうか。
答えは、国民がお金をお金と信じているからです。
当たり前すぎて笑っちゃうような話ですが、これ本当です。
だって紙切れをお金として使っていますよね。
実はこのことを、経済学で共同幻想といいます。

共同幻想とは、複数の人達の間で共有される幻想のことです。
じゃあ、お金って幻想なのって思うかもしれませんが、実は、1万円札の製造原価は約20円ほどです。
でも、私たちは1万円として使っています。
なぜなら、みんなが1万円の価値があると信じているから、世間で1万円として流通しているのです。
まさに幻想ですよね。

さてみなさんの中には、じゃあ、お金って紙幣じゃなくてもいいんじゃないの。
と思う方もいらっしゃるかもしれません。
まさにそう、その通りです。
個人個人で大好きなモノをお金として使う方法もあります。
ただ、お金として流通させる為には、不便を感じないモノであることが、お金としての絶対条件です。
過去の歴史の中では、金や銀がお金として使われていた時代もありました。
金や銀なら、みんなが納得する価値を持っていたからです。
しかし、いろいろな経緯を経て、現在の硬貨や紙幣の形に落ち着きました。

お金の価値

先程も少し触れましたが、1万円札は約20円の原価しかかかっていません。
なのに、この紙幣を、1万円の価値があると信じているって不思議じゃないですか。
実は、この価値を維持するために、日々活動している場所があります。
日本銀行です。
もしも誰でも自由に1万円札を印刷できたら、世の中に1万円札があふれかえって、価値のないものになってしまいます。
そして、お金としての機能がなくなります。

日本銀行がコントロール

紙幣や1万円を発行できる場所は、日本銀行のみと法律で定められています。
また、紙幣や1万円札の価値が大きく変動しないように、日本銀行で国内に発行する紙幣の枚数がコントロールされています。
紙幣を良く見て見ると、日本銀行券と書いてあります。

もしも、日本銀行が、一度に大量の1万円札を発行したらどうなってしまうでしょうか? 1万円札の価値が暴落するかもしれません。
そうなったら、次の日には、手元に1万円札あってもパンすら買えないなんてことも起きるかもしれません。
外国では実際にこのようなことが起きました。

お金を稼ぐ

稼ぐ意味

私たちが生活していくためには、物が必要です。
着る物や食べる物、住むための物(家)、などがあげられます。
生活をしていくためには、このような物が、絶対必要です。

けれども、このような物同士を、物々交換で交換するのは、難しいし、大変です。

仮に自転車と自動車があるとします。
さて、自転車と自動車を交換するためには、自転車が何台必要でしょうか。

答えは、人それぞれ違うことでしょう。
なので悩んでしまうと思います。
物と物を交換するということは分かりづらいデメリットが多すぎます。
そして、持ち運びも大変になってしまいます。

そこで、登場した物が、お金になります。
物と物を、物々交換で交換するのではなく、1万円の自転車が欲しい場合は、1万円というお金と交換すれば良いわけですし、5万円の自転車が欲しい場合は、5万円というお金と交換すれば良いことになりました。

物と物は、直接交換しづらいですが、価値を誰でも理解できる数値として表したしたお金を使うことで、欲しい物をスムーズに手に入れることができるようになったということになります。
なので、人が生活していく上で、お金は必要不可欠になり生活していくためには、お金を稼がなくてはなりません。

稼ぐためには

お金を稼ぐには、様々な方法があります。

もっとも一般的な方法は、労働者として誰かの仕事に就くことでしょう。
自身自身のスキルや力を雇用者に貸して、見返りとしてお金を得ることができます。

株やFXは、先を見通し、会社や商品に投資をして、そのお礼にお金を手に入れる方法です。

自身で作った物を世間に広め、誰かの必要性を補うことで、対価としてお金を支払ってもらう方法もあります。

お金を稼ぐという行動は、スキルやサービスを提供したり、モノの生産など、他人に感謝されて信頼されるような価値ある行為をする。
ということと言えるのではないでしょうか。

まとめ

山伏や修験者のように、一人で生きていくことができる人なら、お金や資産のこと悩む必要はありません。

しかし、現代の日本社会で生きていくためには、私達は分業で支えあっているという意識を持たなければなりません。

生きていくには他人の力が絶対に必要です。
そして、他人と協力しあって生活するためには、感謝や信頼が必要になります。

お金と呼ばれている物は、そうした感謝や信頼の証になります。
そして、お金を稼いでいるのは、他人の力を借りるためです。
生きていくのに他人の力を借りたければ、自分も他人の力になれるようなことを行う必要があります。

サイトカテゴリー

お金について
貯蓄について
仕事とお金について
結婚とお金について
家と車とお金について
保険とお金について
会社とお金について
老後とお金について
葬儀とお金について