偲ぶ会の欠席する際の返信メールやはがきの書き方

お金と生活 -Money&Life-

  • トップページ
  • 偲ぶ会の欠席する際の返信メールやはがきの書き方

偲ぶ会の欠席する際の返信メールやはがきの書き方

偲ぶ会を開催するときは、事前に出席を希望される方に案内状を送付することになります。
ただ案内状をいただいた人の中には、都合によって参加ができない方もいるでしょう。
偲ぶ会に出席できないときは、その意思表示を早めに行うことが大切です。

偲ぶ会の欠席する返信メール

偲ぶ会の欠席する返信メール

偲ぶ会の欠席連絡を、返信メールで行う人もいるかと思います。
偲ぶ会の案内が電子メールで送られてきた場合は、欠席の連絡はメールの返信で行っても構いません。
電子メールで返信するときは、はがきのように敬意表現を消したり、出席や欠席に〇をつけたりする作業は必要ありません。
基本的には最低限の敬語を使用して、欠席することが分かるように返信すれば問題はないでしょう。
返信メールで送る文例としては、以下のものがあります。
「この度は偲ぶ会のご連絡有難うございます。
大変申し訳ありませんが、やむを得ない事情によって偲ぶ会を欠礼させていただきたく存じます。
」などのシンプルなもので構いません。
電子メールで欠席の返信を行う場合は、はがきと同じように参加できないことに対するお詫びの一言を添えておきましょう。

偲ぶ会の返信はがきの書き方

偲ぶ会の返信はがきの書き方

何かしらの事情があり、当日に偲ぶ会に出席できない方もいるかもしれません。
その場合は、早めに欠席の旨を主催者側に伝える必要があります。
欠席の旨を返信はがきで伝える場合には、その書き方にも注意しておきましょう。
偲ぶ会に欠席するときは、はがきに記載された「欠席」の欄にただ○を付けるだけではなく、当日に欠席できない理由を記載するのがマナーとされています。

もちろんはがきのスペースもありますので、そのスペースに合わせて記入することになります。
そのため記入するスペースに余裕がないときは、無理に書く必要はありません。
そのときは別に手紙などを書く、などの工夫をするといいでしょう。
手紙が面倒くさい人は、電話やメールなどでも大丈夫です。
そのように一言伝えると主催者側の印象も良くなり、何より本人も安心できるのではないかと思います。

欠席する際の返信はがきの書き方

主催者側に丁寧に返信するはがきの書き方を紹介します。
送られてきた偲ぶ会の案内状の返信はがきの裏面に、「御欠席」の文字があると思いますので、その文字の「御」のみを二重線で消しましょう。
文字を消したら「欠席」の文字を〇で囲み、今度は出席の文字を消します。
返信はがきの裏面には「御欠席」の文字の横に「御出席」の文字があると思いますので、その全ての文字を二重線で消しましょう。

次に敬称を消します。
返信はがきの裏面にはある「御住所」の文字のうち、「御」の文字だけを二重線で消しましょう。
あるいは「御芳名」の文字であるときも、その全てを二重線で消します。
そして「行」を変更します。
はがきの表面には、主催者の氏名や住所が記載されていると思いますので、その主催者の氏名に書いてある「行」を二重線で消して、「様」という文字を記入しましょう。

以上が偲ぶ会に欠席する場合の返信はがきの基本的な書き方になりますが、裏面にコメントを書く十分なスペースがあれば、以下のような一文を書き添えておくと良いでしょう。
これは主催者側に対する配慮とも言えます。
「この度は御連絡を頂き誠にありがとうございました。
当日はご遺族の皆様と一緒に(故人の名前)様のご冥福をお祈りしたかったのですが、所要でどうしても都合がつかずに出席することができなくなりました。
大変申し訳ございません。」その他にも文例がありますが、基本的には自分の思いを記入すれば大丈夫です。
また偲ぶ会に欠席する際に香典を郵送するときは、現金書留で送るのが無難になります。

筆記用具

返信はがきに欠席の旨を記入する場合は、筆記用具は何を使用すればいいのでしょうか? はがきに記載するときは、ボールペンでも良いのか気になる人もいるかと思われます。
偲ぶ会に欠席する旨のはがきを記入するときは、特にボールペンで書いても問題はありません。
当たり前のことではありますが、どのような筆記用具を使うにしても、心をこめて丁寧に書くのが主催者側や遺族に対するマナーです。
はがきを書く際に筆や筆ペンを使用する方もいますが、その場合は薄墨でないといけないのでしょうか? 最近は薄墨用専用の筆ペンも販売されていますので、それを使用して偲ぶ会の返事を書く方もいます。
その場合は案内状を送る方はもちろん、返信する側も普通の筆ペンを使用しても構いません。

偲ぶ会への断り方

偲ぶ会の案内状をいただいても、当日は仕事などでどうしても行けない人もいると思います。
その場合は断りの連絡をする必要がありますが、主催側に失礼にならないような配慮が必要です。
偲ぶ会に行けない場合は、失礼にあたらないためにも以下の点に注意をしておきましょう。

.断りの返事

偲ぶ会の案内状をもらった際には、出席する場合はもちろん出席できないときも、きちんと連絡を行うようにしましょう。
何かしらの理由によって偲ぶ会に出席できないときは欠席の意思表示に加え、そのときの気持ちやお詫びも一緒に書くといいでしょう。
欠席の理由をきちんと添えて、簡潔に書くのがマナーでもあります。
なお欠席の旨の連絡をする際には、欠席の理由を長々と書くのはいけません。
欠席の理由は簡潔に、分かりやすいようにまとめましょう。
はがきで書けないときは手紙で送るのも良いのですが、偲ぶ会を主催する主催者や遺族などに対して、後日改めて電話やメールなどで連絡するのもいいと思います。

故人に対する哀悼の意を伝える

都合によって偲ぶ会に出席できないときは、故人に対する哀悼の気持ちをしっかり伝えるようにしましょう。
その場合の哀悼の気持ちの伝え方には、様々な方法があります。
電話やメールなどで伝えるのも良いですが、その他に多いのが香典の送付です。
当日に偲ぶ会に出席できなくても故人に哀悼の意を表したい方は、香典を送るのがベストな方法とされています。

ただ香典を送る場合は注意が必要です。
何故なら偲ぶ会の案内状に、「香典辞退」が記載されていることもあるからです。
案内文に香典辞退とあるときは、香典の送付は控えた方がいいでしょう。
特にその文字がないときは、香典を送付しても問題はありません。
その場合は、包む金額が気になる人もいるかもしれません。
偲ぶ会で包む香典の額は、一般的なお葬式やお通夜式と大体ですが同じくらいで、その相場は1~2万円と言われています。
もちろんこれはあくまでも相場ですので、細かい部分は各自で判断すればいいと思います。
なお偲ぶ会に欠席するときは、会費を支払う必要はありません。

失礼のない断り方の返事例文

偲ぶ会に出席できないときは、手紙で断りの返事を送る人もいると思います。
その場合は以下のような、失礼のない断りの返事の例文を参考にしましょう。
「この度はご連絡いただきありがとうございました。
ぜひとも偲ぶ会に出席させていだだくつもりでしたが、多忙のため出席できなくなりました。
まことに申し訳ございませんが、今回は欠礼させていただきたくお詫び申し上げます。」など、シンプルで簡潔に書くことが大切です。

偲ぶ会に欠席する場合には、返信メールで欠席の連絡をすることは可能です。
その場合は返信はがきのような敬意表現や、出席や欠席への〇付けは必要ありません。
また偲ぶ会への断りの手紙を書くときは、例文などを参考にすると間違いないと思います。

サイトカテゴリー

お金について
貯蓄について
仕事とお金について
結婚とお金について
家と車とお金について
保険とお金について
会社とお金について
老後とお金について
葬儀とお金について